1.5年点検×2。

2020.11.29

こんにちは、燕スタジオの松井です。

あっという間に冬・・・という感じですね。

 

11月は、1.5年点検のお家が2件ありました。

 

 

どちらも4人家族。

それぞれの1年半。

 

 

普段の生活の様子を聞きながら

傷の付いた床や壁の汚れ、クリスマスの装飾

なんかを見てほっこりします。

 

 

 

 

 

 

どちらも点検後、内壁の漆喰補修をしました。

 

 

 

使っている材料の特性上

どうしても入ってしまうヒビや隙間。

二家族とも最初に聞いていたし、そーゆー材料だからしょうがない。

と、おっしゃってくれてほんとありがたいです。

 

 

でも、少しは気になってしまうのは本音。

ですので、木の収縮が落ち着いた頃合いをみて

補修に入らせていただきました!

 

 

before

サッシの窓台(窓下の木)の端から

ヒビが入ってしまいました。

 

IMG_0560

 

 

After

どかだか見落としてしまうくらい

自然になりました。

 

IMG_0586

 

 

 

before

入り隅(壁と壁のぶつかる凹んでいるところ)に

隙間が生じていました。

 

IMG_0555

 

 

 

After

階段の吹き抜け部分でとても塗りにくい所ですが、

キレイに直してもらいました!

 

IMG_0576

 

写真ではとてもわかりにくいですね(汗)

 

 

わかりやすいところで言うと、

壁の出隅(壁と壁のぶつかる出っ張ったところ)の欠け。

 

部屋にモノを出し入れする際によくやっちゃいます。

 

IMG_0391

 

 

色つきの壁のため、今回の補修の対象ではなかったのですが、

 

「白でいいので、直してほしいです!あとで、絵の具で色つけます!」

 

と、おっしゃったお施主様。

 

その後「左官屋さんが絵の具貸してもらえます?」と、

白い漆喰に赤と青を混ぜ混ぜし、パステルパープルに!

 

IMG_0404

 

(乾く前なので若干色味が違って見えます)

 

 

これにはお施主様も大喜び✦

粋な職人さんに感動しました♩

 

 

お時間いただきましたが、

喜んでもらえて良かったです^^