障子戸の補修

2020.06.30

こんにちは、燕スタジオの松井です。

 

梅雨らしくジメジメの毎日です。

スタジオやオシアファミリーさんのお家は

床がペタペタしなくて羨ましいです!

 

 

 

先日、オシアファミリーのお宅へ。

私の好きな玄関アプローチです。

 

IMG_7862

 

古くからある懐かしさを感じるお庭。

季節ごとの風情を感じるアプローチで、

玄関を開けるまでの距離が心地よいです。

 

最初から外せない!!と、おっしゃっていた

長~~い下屋と土間。

玄関から勝手口までの約10mを繋ぎます。

やっぱり使い勝手が良いようで何よりです^^

 

 

そんなH様邸、

以前より、和室の障子戸が開閉がしにくいと相談がありました。

無垢材を使用しておりますので湿気で多少収縮があるため

しばらく様子をみてもらいましたが、

頻繁に使用する部屋のため

建具屋さんに同行してもらい補修に伺いました。

 

 

 

まずは、建具が付いている状態で建付けを確認し、

取り外します。

 

次に無垢材の収縮でおきたゆがみを調整していきます。

 

IMG_7863

 

IMG_7864

 

ほんの少しカンナ掛けをするだけで

あっという間に直りました!流石です★

 

 

※ほんとはカンナ掛けだけじゃなく他にもやってましたが、

それでもあっという間でお見事でした(@_@)

 

 

敷居と鴨居の溝には

ロウを塗り込むと滑りが良くなるそうです。

(掃除をして汚れを取り除いてから)

 

 

IMG_7865

 

IMG_7868

 

これくらいなら自分たちでも出来そうですね!

 

 

外れなかった障子もあっという間に

取り外し、調整し、取り付けていました。

 

IMG_7869

 

 

襖や障子はメンテナンスがありますが、

和室や畳コーナーは落ち着きます。

 

やっぱり日本人ですねぇ。

 

この記事を書いた人