平屋のご紹介!!

2020.06.28

こんばんは。長岡スタジオの糸井です。

 

 

「海沿いの街に佇む平屋」は、

大工さんの工事がいよいよ終盤に差し掛かってきました。

 

 

IMG01824 - コピー

 

 

リビングからキッチン方向を見ると、

大工さんが一生懸命、壁の下地ボードを張ってくれています。

 

 

大工さんの工事が終わると、

いよいよ塗り壁を塗る、左官職人さんの出番です。

仕上がりが楽しみです。

 

 

突然ですが、、、(*_*;

「海沿いの街に佇む平屋」を少しご紹介します。

 

 

1.桧の太い柱と梁

 

IMG01161 - コピー

 

 

一般的に住宅で多く使われる柱や梁は、

10.5センチ巾のものですが、これは15センチ巾です。

そして国産の桧。

 

 

乾燥にもこだわっていて、

低温でゆっくりと乾燥させていますので、

色やツヤ、香り、強度が違います( `ー´)ノ

 

 

柏崎も近年は、雪が多く降り積もりますので、

家がこの構造だと、より安心できます。

 

 

家蔵のブログで何度か登場していますが、

もし、もう一度自邸を建てられるなら、こちらを使った家蔵にしたいですね!!

 

 

2.南側の外観

 

IMG01828 - コピー

 

 

軒先の水平ラインが素敵です。

それと、深く計画した軒が、

夏の暑い日差しをシャットアウトしてくれます。

 

 

それと、

「塗り壁と板張り」で外観に変化をつけてあります。

板張りは出っ張ったり、へこんだりした場所に、

ポイントとして使うと、感じよくなると思います(^^♪

 

 

真ん中の大きな窓⇒デッキ⇒庭。

人通りにある道路、玄関とは真逆の位置のなので、

洗濯物も干しやすいですね(^^♪

 

 

3.玄関ホール

 

IMG01827 - コピー

 

 

北側にある玄関ホールはどうしても暗くなりがち、、、

ですが、天井を斜めに高くして、天窓を採用しました。

 

 

北側の優しい光が天井から落ちてきます。

気持ち良さそうですよね!!

 

 

まだまだあるんですが、

今回はこのへんでm(__)m

 

 

伺うといつも、私をかまってくれるお兄ちゃん。

 

IMG01834 - コピー

 

 

今日はネジの締め方を教えてもらいました( ..)φ

大工さんを目指すのはどうかな???(*^^)v

 

 

それと、、、

 

 

大変ありがたいことに、お施主様のご厚意で、

「海沿いの街に佇む平屋」は、ご案内することができます。

 

 

完成時も良いのですが、

「大事な部分」は、今しか見ることができません。

 

 

気になる方はぜひ!!

↓ ↓ ↓

家蔵-iekura-長岡スタジオ 糸井(いとい)

0258-86-6591(スマホの方はタップでお電話できます。)

柏崎市のお家を見に行きたいのですが・・・」とお電話下さい!!