補助金、もらえるものはもらう!

2019.04.07

こんにちは、松井です。

 

4月ももう1週間が過ぎます。

 

無事?年長さんになった息子は

体操のお兄さん、お姉さんが変わったところで

ロスにはなっていないようですが、

担任の先生が変わりショックなようです。

可愛くて優しくて大好きだったそうです。

男の子なので単純です。

 

ちなみに前担任の先生はオシアファミリーさんで、

素敵な偶然でした^^

 

 

 

さて、4月といえば住宅の取得にともなう

補助金の受付が開始されます。

 

残念ながらすべての自治体から補助金が出るわけではなく

事業がある限られた自治体のみです。

 

 

 

燕市は限られた自治体なわけで、

 

移住家族支援事業・まちなか居住支援事業

 

という事業が存在します。

IMG_8915

 

>つばめに住むために住宅を取得する子育て世代などを対象に、

>住宅取得にかかる費用の一部を補助することにより、

>定住人口の増加や地域経済の活性化を推進します。

 

という素敵な事業で

燕市では先日の4月1日より受付を開始してます。
 

なんと市外から燕市に移り住んだ方に最大で100万円の補助金が交付。

市内に住んでおり建築場所も市内である場合は最大50万円。

 

毎年大人気の事業でキャンセル待ちが出るほどです。

 

弊社でも毎年1組は必ず活用している状況です。

昨年度1件補助金の対象のお客様がいまして、

なんと90万円が補助されます。

 

 

大きいですよね(゜o゜)

タイミングが合えば必ず活用したいものです!

 

ただ、様々な条件がございますので、

それらをクリアして初めて交付となります。

 

エリアの制限もありますし、

ご家族によって金額も変わってきますので、

是非ご相談ください。

 

 

リンク_↓

移住家族支援事業・まちなか居住支援事業

この記事を書いた人