職人体験 ~型枠・配筋編~

2017.10.27

なんだか最近思うことがある麦倉ですよ

こんにちは(/・ω・)/

 

というのも

将来的には県内で有名な自然素材に特化した建築家になりたいなと

夢見ているんですが普段の業務は少しスタジオにこもってしまっているなと、、

やっぱり家つくりをもっと直接的に学んでいかないと

ダメだって思ったんですよね。(-“-)

 

 

 

 

 

 

 

 

てことで

 

 

 

 

 

 

bty

実際に現場で職人さんに交じって仕事をやってみることにしました!

手と足と体全体で動いて考えて行動して学ぶことで

建築のリアルを体感します

今回は~基礎編~ということで左官屋さんに交じって

現場仕事をレポートします(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログもかけるし職人さんからも指導してもらえるし

自分も学べるし体動かせるし

一石四鳥ですね(‘◇’)ゞ

cof

てことで早朝の現場開始時はこんな状態

このビニールで覆われた上に基礎ができてきます(^◇^)

この前の台風21号の影響で足場がとことん悪かったですが

左官屋の鶴巻さん曰くまだマシな方だそうです( ..)φ

 

 

 

 

 

 

 

cof

こちら本日指導していただく金井左官の鶴巻さん

顔出しはなぜだかNGだそうなので足のみ

(顔はにゃんちゅうを少しイカつくした感じです(^^))

職人瀝20年以上のベテランです。

そして本日は代表の金井さんとも一緒に

現場で仕事をさせていただきます!よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

始めの仕事はぐるっと周辺を囲む鉄枠運びと

中にコンクリートを流し込んだ時に鉄枠が倒れないようにする

突っ張り棒の取付をしました(‘◇’)ゞ

sdr

cof

この鉄枠がなかなか重い(*_*)

トラックの荷台からおろして往復を繰り返すこと十数回、、、

そして枠を抑える突っ張りを取付して地面に杭を打っていきます( `ー´)

土が柔らかいので杭は割と打ち込みやすかったですね!

なんだか文章に起こすと単純な印象だな|д゚)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの仕事だけでも鉄枠をどう持てば楽に運べるか、

敷地のどこに置けば次の作業がスムーズになるか、邪魔にならないか

鉄枠の置く向きまでよくわかりました(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りで午前中の作業は終了…

少し休憩…(*_*;

現場作業の休憩は10時に30分と12時に1時間、そして15時に30分とります

現場では力いっぱい体を使うのであまりに疲労すると

怪我に繋がってしまいますからね

sdr

今日の天気は晴れに加えて心地よい風が吹いていました。

お昼休憩の仮眠がとても気持ちよかったですzzz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと体を休めて!

作業再開!(‘◇’)ゞ

cof

 

 

午後はコレ…

皆さんコレわかりますか??

私は内心コレをやってみたくてしょうがなかったです(*’▽’)

 

 

 

 

 

 

 

そうコレとは

「ハッカー」

といいます

 

 

cof

 

結束線という針金で鉄筋同士を結ぶ時にコレを

くるくるーっとしていくのです(‘◇’)ゞ

鶴巻さんにやり方を教わっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴巻さん「コレか?こうやんろ?ここでこうして

こっちとってくるくるーってこうだよ!な!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やばい全然わかんない…

けど粘り強く聞きながら頑張ります。

cof

失敗すること何本か目でようやく結束線のひっかけ方がわかってきました

鉄筋を指で固定しながら行うのでバランスが難しい、、

そうやってやること1時間ほどで一結び4秒くらいで結べるように!

ちなみに鶴巻さんは1秒かかってませんでした、やっぱ凄いな、((+_+))

 

 

 

 

bty

 

ってことで夕方前には鉄筋も一段落して

無事仕事を終えることができました(^^♪

鶴巻さん金井さんありがとうございました!!

 

この記事を書いた人