燕スタジオ増築工事11

2020.02.07

こんばんは。

燕スタジオの樋浦です。

 

 

増築工事ですが、仕上げに入り

ほぼ完成しました!

 

今回は、前回の続きから 塗り壁について書いていこうと思います。

 

 

 

[漆喰塗り1日目 昨年末]

 

まず、漆喰を塗っていく前に石膏ボードに「パテ処理」をしていきます。

↓ (白く塗ってあるところ)

IMG_0122

パテは、下地の凸凹を平らにするために塗ります。

石膏ボードの継ぎ目や溝部分を埋めることで、綺麗に塗り壁を仕上げることができます。

 

 

パテが乾燥した後、漆喰を塗っていきます。

粉のタイプの漆喰を使用したので、水を入れて混ぜ合わせました。

IMG_0129

 

 

初心者の私がいきなり壁を塗るのはハードルが高かったので、最初に天井点検口を塗ってみました。

IMG_0127

 

扇形の綺麗なコテムラを表現したかったのですが、模様をつける前に上手く塗ることができず苦戦しました。。

その後、トイレ内の壁を1日かけて塗りましたが、写真を撮る余裕もなく

こちらの写真がこの日最後の写真になりました(^_^)

 

1日目では、トイレ内・廊下の一部を仕上げました。

 

 

 

[漆喰塗り2・3日目 1月]

 

年明けに、残りの部分を塗りました。

塗る前にタイルを先に貼らないといけなかったのですが、私のミスで遅れてしまい日を分けて塗ることになりました。。。

 

 

年明けすぐにタイルを貼り、

 

IMG_0279

 

 

目地を入れて完成です。

写真だと分かりづらいですが、暗めの青色で綺麗なタイルです( ◠‿◠ )

 

IMG_0283

 

 

 

2・3日目、ミキサーで混ぜているところを撮ってもらいました。

しっかり持っていないとミキサーが飛んでいってしまう勢いで、最初は叫びながら作業していました(゜.゜)

 

IMG_6003

 

 

集中して塗ったので、写真はほぼ撮れませんでしたが、

完成後の写真はこちら ↓ ↓ ↓

 

 

IMG_0329

 

 

IMG_0333

 

 

 IMG_0331

 

よく見るとガタガタな箇所もありますが、味があって良いですね。

世界で1つオンリーワンの壁です☆彡

 

 

 

このように、家蔵の建物も外壁・内壁は手塗りで仕上げています。

(※もちろん、熟練の職人さんが塗っています)

 

私も今回実感しましたが、手塗りは時間と手間がかかります。

ですが、ビニールクロスのように貼って完成の壁ではなく、一面一面丁寧に仕上げた塗壁には温かみがあってやっぱり良いです(^_^)

 

 

 

 

燕スタジオ増築工事1

燕スタジオ増築工事2

燕スタジオ増築工事3

燕スタジオ増築工事4

燕スタジオ増築工事5

燕スタジオ増築工事6

燕スタジオ増築工事7

燕スタジオ増築工事8

燕スタジオ増築工事9

燕スタジオ増築工事10

 

 

この記事を書いた人

樋浦 万由子ヒウラ マユコ

設計