照明の種類について

2020.02.28

こんにちは、燕スタジオの松井です。

 

 

照明は暮らしの中でなくてはならないものですよね。

私たちの暮らしを明るく照らしてくれる照明は、

ただ明るくするだけではなく部屋の雰囲気を演出する重要なアイテムです。

 

間取りが決まり打合せを進めていく中で、照明の打合せもあります。

様々なデザインや機能があり楽しい打合せでもありますが、

照明器具や電球の種類が多く、どれを選んだら良いか迷ってしまいます。

 

 

先日、着工したH様邸も照明の打合せをすでに済ませていますが

色々勉強になることが多くありました。

と、言っても一周まわってシンプルになったときは

みんなで笑ってしまいました。

 

 

 

 

そもそもどんな種類があるの??という方も多いので

住宅で使うことの多い照明をご紹介したいと思います!

 

 

 

シーリングライト

 

渡邉邸 (35) 

 

シーリングライトは、日本の家庭でもなじみ深い照明器具です。

天井と密着するように備え付け、部屋全体を照らす照明です。

 

 

 

シーリングライトの特徴

シーリングライトは薄型でシンプルなデザインが多く、

光源(電球)がシェード(カバーなど)でおおわれているものが一般的です。

効率よく、広い空間を照らすのに適しています。

自動点灯や調光機能と言ったさまざまな機能が付いているものもありますので、

設置場所や用途に合わせて便利に使うことができます。

用途が広く、どんな部屋にも対応できますが、

シーリングライト一つだけでは部屋の隅では暗さを感じる場合もあります。

 

 

 

 

ダウンライト

 

IMG_9328

 

ダウンライトは天井に埋め込んで設置する小型照明器具のことです。

家蔵では、一番使う照明です。

 

ダウンライトの特徴

ダウンライトは器具が出っ張らないので天井をすっきりと見せることができます。

一個のダウンライトでは頼りない明かりも、

複数個並べることで部屋全体を明るく照らすことができます。

ダウンライトは器具が埋め込まれていて、下向きに取り付けられているので、

ホコリなどの汚れが溜まりづらく、お掃除が楽なのも魅力の1つです。

サイズや明るさや光の広がる角度が異なるタイプなどたくさんの種類がありますので、

必要な明るさにあったダウンライト選びと設置する数やその設置の位置が大事になります。

また、埋め込みタイプなので天井に埋め込みスペースが必要です。

 

 

ペンダントライト

 

DSC_7029

 

コードやチェーンで天井から吊るすタイプのペンダントライトは、デザインやサイズが豊富にあります。

明るさも光源もたくさんの種類の中から選べますので、

さまざまな場所や雰囲気にあわせ、設置することができる照明です。

 

 

ペンダントライトの特徴

ペンダントライトは全体照明として利用することもできますし、

ペンダントの下げる高さによっては食卓の上を照らす部分照明として使うこともできます。

照明器具の高さプラス取り付けコードの長さが必要なので、

狭い空間や低い天井に設置すると圧迫感が出ることもあります。

 

 

 

ブラケットライト

 

DSC00888

 

ブラケットライトは、壁面に取付けるタイプの照明器具です。

 

 

ブラケットライトの特徴

補助灯としての役割が強いですが、

玄関や廊下、寝室などの壁面に取付られ、やわらかな光が楽しめます。

天井面に照明が取り付けにくい階段や吹き抜け、玄関などによく使われます。

洗面所やトイレの鏡の上につけることで、おしゃれな空間にすることができます。

リビングなどの広い空間では、補助照明として使われることもあります。

デザインや形もたくさんの種類があり、用途に合わせて選ぶことができますし、

インテリアのアクセントとして使うこともできます。

ブラケットは壁に取り付けるための照明ですので、光源の高さがポイントになります。

取り付け位置には注意が必要です。

 

 

 

 

スポットライト

 

IMG_2962

 

スポットライトは器具の向きが変えられる照明です。

 

 

スポットライトの特徴

スポットライトは光の当たる方向を変えることで

必要な場所や見せたいところに光をあてることができます。

壁にかけた絵やオブジェにスポットライトをあてることで

奥行き感の演出やインテリアのポイントを作ることができます。

天井や壁に直接設置するタイプのほか、ダクトレールとあわせれば可動域が広がりより自由度が高まります。

 

 

 

 その他に、

スタンドライト・・・必要に応じて移動できる置き型の照明器具。

シャンデリア・・・天井から吊り下げるタイプの多灯型の照明器具。

フットライト・・・足下を照らす照明。(停電時や災害時に焼くたつ保安灯にも)

間接照明(建築家照明)・・・光を天井や壁に、床などに当てて照らす照明器具。

 

IMG_7817

 

 

 

など、たくさんあります!

 

 

普段、照明を意識して過ごしていないかもしれませんが、

照明ひとつで家や部屋の印象が全く違います。

 

 

 

スタジオ増築工事の時に

樋浦が製作した鎚起銅器の照明も素敵です★

 

IMG_0049

 

 

照明ひとつにも意味あり、愛情を持って暮す。

 

そんな風に照明を取り入れられたら楽しいかと思います^^

 

この記事を書いた人