断熱材「ウッドファイバー」

2019.02.28

こんにちは、諸橋です。

 

 

 

最近体調を崩していましたが、

 

 

 

ようやく本来の元気が戻ってきました(笑)

 

 

 

皆さまは体調大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

 

 

さて、今回のブログは家づくりのときに見落としがちな

 

 

壁の内側の「断熱材」についてです。

 

 

 

 

 

家が建った後は見えなくなってしまうため、

 

 

あまり気にしない方も多いです。

 

 

しかし、壁の中はとても重要です!

 

 

 

 

 

 

IMG_7485 

 

 

 

 

断熱材は外の気温を

 

 

家の中に伝えないように入れられています。

 

 

 

夏は涼しく冬は暖かくするためのものです。

 

 

 

 

 

最近はガラスを繊維状にしものが多く使われています。

 

 

 

images

 

 

 

しかし、ガラスの繊維を利用したグラスウールは

 

 

調湿しないため水分を含むとよれてしまい、

 

 

断熱の意味がなくなってしまいます。

 

 

o0369027711057846025

 

 

数年後に壁の内側が

 

 

こんなになっていると考えたら怖いです(._.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オシアの壁内に使っている断熱材は

 

 

ウッドファイバーというものです。

 

 

 

木を繊維状したものが原料になっています。

 

 

 

IMG_7659

 

 

 

 

 

相談会にいらしていただいた方は、

 

 

皆さん初めて見たと驚かれます(^O^)

 

 

 

 

木が原料になっているため、木の性質はそのままです。

 

 

 

高い断熱性はもちろん、調湿性、蓄熱性、防音性、

 

 

防虫性、難燃性など様々な特徴があります。

 

 

 

調湿性があり、何年経ってもよれません。

 

 

 

原料が木のため健康に害もありません。

 

 

 

建てられたお客様から、

 

 

「クーラーを消して買い物に行ったのに

 

 

帰ってきても涼しいままだったから、

 

 

クーラーを消し忘れたのかと思った」

 

 

という蓄熱効果のすごさも聞きました!

 

 

 

 

 

木だから燃えるんじゃないの?と

 

 

良く質問されますが、大丈夫です(^O^)

 

 

 

火を近づけると表面が炭化するため、燃え広がりません。

 

 

 

IMG_9258

 

 

 

 

 

 

最近は自然素材の家が増えてきました。

 

 

しかし、このように壁の中まで自然素材にこだわって、

 

 

家づくりをしている会社は本当に少ないです。

 

 

私もこの会社で働いて初めて知りました。

 

 

 

ぜひもっと多くの方に知っていただきたいです。

 

 

 

 

気になった方はお気軽に燕スタジオにお越しください!

 

 

燕スタジオ

TEL. 0256-93-1070

 

 

 

 

この記事を書いた人