憧れの壁掛けテレビ📺

2019.09.14

燕スタジオの松井です。

 

大工工事も終盤となってきた

燕市松橋のK様邸。

 

 

こちらはリビング内の壁です。

 

IMG_4727

 

 

実はここには壁掛けのTVが設置されます!

 

 

壁掛けのテレビとは↓こんな感じで

 

sec1_img02

 

sec1_img01

 

テレビボードにテレビを置くのではなく、壁に設置します。

置き型のテレビよりスタイリッシュに見えますね♪

 

 

 

打合せ中、K様よりテレビを壁掛けにしたいと相談があり、

そこからテレビを決め、壁掛けユニットを決め、

 

テレビの図面・壁掛けユニットの図面とにらめっこしながら

ユニットを取り付ける為の下地やコンセントの位置を決めました。

 

 

IMG_4728

(↑テレビボードの下地を取り付けています)

 

 

せっかく壁掛けにしたのに

配線がだら~んとしてたら意味がないので

 

コンセントの位置はかなり重要です!!

 

 

 

また、テレビ以外の機器の配線もあるので、それらもよく考えます。

K様邸は壁の中に配管し、その配管の中に線を通し、

テレビボードの中に出すことにしました。

 

 

テレビボードも造作でつくります。

 

IMG_7787

 

 

こんな感じの浮いてるようなTVボードになります。

 

 

すごくスッキリとしたテレビ周りになりそうです★

 

 

 

打合せをしていると

壁掛けにしようか?置き型にしようか?

悩まれる方が多いように感じます。

 

 

それぞれメリット・デメリットありますので

是非参考にしてください。

 

 

 

 

***壁掛けテレビのメリット***

 

■ 部屋がスッキリ・スタイリッシュな空間に

■ スタンドやテレビ台などが視界に入らず、映像に集中できる

■ テレビ台が要らない(必要がなければ)のでスペースの有効性アップ

■ 地震に強い(小さな子供に倒されることもない)

■ なんといっても掃除が楽(テレビ裏のゴチャゴチャ配線がない)

 

 

 

***壁掛けテレビのデメリット***

 

■ テレビを簡単に移動できない

■ 金具(ユニット)によってはテレビの向きを変えられない

■ どこでも取り付けられる訳ではない

■ 設置コストがかかる

■ 配線や周辺機器の設置場所を考えないとダサくなるかも

 

 

 

 

 

ざっくり、こんな感じです。

 

 

 

好みはもちろんですが、

生活や性格を考慮して決めると良いですね♪

 

 

 

個人的には掃除の煩わしさがないのが

羨ましい~~です!!!!

この記事を書いた人