床置きの多肉植物を…

2018.06.15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近多肉植物を集めだしたのですが、

多肉植物の多くは、日当たりの良い部屋や

レースのカーテン越し(明るい部屋)を好みますよね。

 

 

 

 

 

ということは、多肉植物を増やせば増やすほど

窓際がごちゃごちゃしてくるということなんです…

 

 

 

 

 

朝、カーテン開けるたびに鉢が…!!

なんてことが多々発生するようになってきたので

 

 

 

床置きしていた多肉植物を吊るしてみる事にしました!!

 

 

 

 

 

 

Processed with VSCO with m5 preset

 

 

 

☆用意するもの

・手頃な太さの紐 

※鉢の大きさにより長さは変わります。

(井島は今回100均の麻紐を使用しました)

・はさみ

 

 

 

 

 

 

1、5mの紐を8本用意します。

  (5mだと編み方にもよりますが、

  50cm前後の長さのものが出来ます)

 

 

 

 

 

2、半分にした紐の中心辺りから平編みをしていきます。

 

 

 

Processed with VSCO with m5 preset

 

 

 

 

 

3、ねじり結び、左右結び、平編みを

  駆使しながら編んでいきます。

 

 

 

Processed with VSCO with m5 preset

 

 

 

 

 

4、最後にまとめ結びをして、

  フリンジを好みの長さに揃えたら完成です。

 

 

 

Processed with VSCO with m5 preset

 

 

 

編み目を増やしたり、少し緩めに編んでみたり、フリンジを長くしてみたり、

お店で購入することもできますが、飾りたいもののサイズに合わせて

好きなようにデザインできるのが手作りの良い所ですよね。

 

 

 

※詳しくは 【プラントハンガー】 で検索してみてください。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人