家の大敵は”湿気”

2019.02.11

こんにちは、諸橋です。

 

 

 

 

 

今回は家の強度や長持ちに関わってくる

 

 

湿気について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

普段生活していて、気になる「結露」。

 

 

 

現在のお住まいで改善したいところで、

 

 

必ずといっていいほど上がってきます。

 

 

冬なんて特に気になりますよね。

 

 

そして放っておくとカビが生えたりするのがまた厄介です。

 

 

 

 

 

 

では、なぜ結露はできるのでしょうか?

 

 

 

理由は温かい部屋の空気が冷やされて、

 

 

空気中の水分が水になって表れているからです。

 

 

 

しっかりと断熱、調湿できていれば結露は抑えられます。

 

 

 

 

燕スタジオでは実際に目で見て実感できる道具があります。

 

 

 

IMG_9097

 

 

 

左は一般的な住宅で使われるフローリングと壁紙

 

 

右はオシアの家づくりで使っている

 

 

無垢材の床板と塗り壁です。

 

 

 

IMG_6866

 

 

IMG_5411

 

 

 

 

 

この箱のどちらにも70度ほどの

 

 

お湯が入った紙コップを入れ、少し時間を置きます。

 

 

そして湿度を確認すると、、、

 

 

IMG_9110

 

 

 

こんなにも差がでました!

 

(もう少し時間を置くともっと変化がありました。)

 

 

 

 

これは、天然素材系の塗り壁と無垢材の床が

 

呼吸して、調湿してくれたおかげです。

 

 

 

 

 

こうして目で見て体験すると

 

 

自然素材の良さが改めてわかります。

 

 

 

 

 

そして、この箱は調湿性能を

 

 

実感してもらえるだけではありません。

 

 

匂いの違いも感じていただけます。

 

 

 

 

 

一般的な材料を使用している左の箱は

 

 

化学製品の何とも言えない、嫌な匂いがします。

 

 

この匂いの中で生活すると考えたら怖くなります。

 

 

 

 

 

しかし、オシアの家づくりの材料を使っている箱は匂いが違います。

 

 

皆さまにも体感してほしいです。

 

 

 

 

ぜひ燕スタジオにお越しください!!