ラジエントヒーターの余熱時間

2018.05.27

 こんにちは、今井です。

最近ようやく、暖かい日が続くようになりましたね!

寒がりな私ですが、薄着でも過ごせるようになりました♪

 

 さて今回のテーマは「ラジエントヒーターの余熱はどのくらい続くのか?」です。

実際にラジエントヒーターで料理をすると、気づかないうちに余熱のマークが消えていて、

余熱はどのくらいしてくれているのかなと疑問に思っていました。

今回は、その疑問を晴らすために余熱時間を計測してみました!

 

まず料理をしていきます。

キャベツを炒めているだけです()

IMG_7808

 

ここからが本番です☆

ボタンを押します。

→電源ボタンを押しても、赤いランプは消えません。

 この時は、まだまだ熱いのでやけどに注意!

ちなみに、私は10分以内(57分くらい)で余熱が消えると予想しました( ^ω^ )

 

5分経過…

炒めたキャベツは、余熱前に食べたキャベツとそんなに温かさは変わりませんでした。

少しチャレンジして、ラジエントヒーターに触ってみました。

(※危ないので真似しないでください)

熱かったです、それだけ余熱調理がしっかりとできている証拠ですね!

 

10分経過…

炒めたキャベツは、5分経過した時よりも少しだけ冷めた気がしましたが、そんなには変わっていませんでした。

もう一度、ラジエントヒーターに触ってみました。

5分経過した時よりは、熱さはなくなりましたがまだずっとは触っていられないくらい熱かったです。

私は10分以内と予想していたので、はずれてしまいました(..)

 

20分経過…

20分経過したころ、余熱のマークが消えました!

IMG_2554

まだ、ラジエントヒーターは触っても温かいです。

炒めたキャベツは、温かいままで美味しくいただくことが出来ました!

 

ガスコンロやIHクッキングヒーターでは余熱機能がないので、時間がたったら冷めてしまいます。

しかし、ラジエントヒーターでは余熱機能で冷めずに美味しく食べられることが実証されました!

 

燕スタジオのモデルハウスでは、ラジエントヒーターを取り付けております。

実際に触れることもできますので、気軽に遊びに来てください(*^^*)

 

 

この記事を書いた人