ふるさと納税してみました!

2019.01.15

こんにちは冨所です。

 

 

1月とは思えない暖かさですね。

 

 

去年の今頃は結構雪が降っていたような気がします

 

 

この調子であまり降らないことを祈ります(笑)

 

 

 

さて、突然ですが皆様、ふるさと納税してますか??

 

 

 

名前だけは聞いたことあるけどよく分からない・・・っていう方が多いのでないでしょうか?

 

 

 

実際私も、なんか手続きとか大変そう・・・と思っていました笑

 

 

 

ですが実際にしてみると、メリットが多かったので少しご紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

☆ふるさと納税の仕組み

 

 

簡単にいうと、自分の好きな市町村に寄付をすることで、お礼の品ももらえて、手続きをすれば税金も減額になる仕組みです。

 

 

流れとしては、

 

 

 

①いくらまで寄付できるか上限額を調べる。

 

 

 

年収、家族構成によって寄付できる上限額が決まっています。

 

 

 

 

ふるさと納税のサイトにシュミレーションできる所があるので必要事項を入力してください。

 

 

冨所は、ふるさとチョイスというサイトを使いました!

 

 

ちなみに、

 

IMG_0578

 

 

IMG_0579

 

 

 

家族構成→夫婦+子供

 

 

年収→500万円の場合

 

 

約4万円まで、寄付が出来ます。

 

 

ただし、2,000円は自己負担になり、

 

 

40,000-2,000=38,000円分、翌年度の税金が控除されます

 

 

※上記はあくまで目安です。

 

※入力する際は、昨年度の源泉徴収票があるとより詳しく調べられます。

 

 

②寄付額の上限範囲内で、寄付したい自治体を選びます。

 

 

上限額を超えてしまうと、損をしてしまうので気を付けましょう!

 

 

お肉・お酒・お米・魚介類など、寄付することで返礼品をもらえる自治体や、

 

 

返礼品はありませんが、地域の活性化や環境保全活動に寄付金を充てる自治体などがあります。

 

 

 

ちなみに私は、動物愛護を推進している自治体に寄付しました(^^)

 

 

③寄付する

 

金額を決めて寄付をします。

 

 

一つの自治体に上限額を全額寄付でももちろんOKですが、少額ずつ何か所の自治体の寄付でも色々な返礼品

 

 

がもらうことが出来でお得感が増します。

 

 

④返礼品と税金控除に必要な書類が届く

 

 

コチラは別々に届くことが多いそうです!

 

 

⑤税金控除の手続きをする

 

 

控除するには二通りの方法があります。

 

 

・確定申告

 

 

・ワンストップ特例制度

 

 

上記のどちらかの方法で行います。

 

 

やり方は長くなってしまうので割愛します。

 

 

詳しくは各サイトでお調べください(^^)

 

 

⑥翌年度の税金が減額される

 

 

以上です!

 

 

翌年の税金も安くなって、自分の好きな自治体にも貢献できる・・・メリットだらけですね!(笑)

 

 

手続きも思ったより簡単でした!

 

 

皆さんも興味がありましたら是非調べてみてください(^O^)☆