『すまい給付金とは』『いつから増額?』

2018.12.13

こんちには、松井です。

 

以前、『消費税が10%になる前に家を建てるべきか』

というブログを書きました。

『消費税が10%になる前に家を建てるべきか』

 

その中で

増税に伴う反動が少ないよう、

いくつかの減税や給付措置がとられるようです~

 

と、書きましたが、その中の一つとして

『すまい給付金』という制度があります。

 

 

 

 

まず、すまい給付金とは・・・?という方の為に。

 

 

すまい給付金は、消費税が8%に上がる時に出来た住宅購入資金の補助金制度です。

消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設されました。

 

すまい給付金対象者の条件のひとつとして「収入が一定以下」とあり、

その一定額が消費税率が8%10%で違ってきます。

 

消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、

10%時には収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するそうです。

 

 

かなりの層でもらえる人が出てきそうです^^

 

※あくまで年収は目安で、正確には年収と控除額で決まってくる

都道府県民税の所得割額によって、区分されています。

 

 

 

で、気になるすまい給付金の増額がいつからかというと。。。

 

 

 

 

すまい給付金が増額となるのは、消費税が10%になった時からです。

 

正確には、消費税10%が適用される契約の場合です。

 

※新築の契約はタイミングによっては、10%が適用されるされないという経過措置があります。

それについてもこちらで↓

 『消費税が10%になる前に家を建てるべきか』

 

 

 

基本的には201910月から、すまい給付金は増額されるという条件になっています。

 

 

 

簡単にざっくりご説明しましたが、

すまい給付金については専用サイトで詳細がのっています。

詳しいシュミレーションも可能です。

↓こちらからどうぞ^^

http://www.sumai-kyufu.jp/

この記事を書いた人