「蔵」は日本伝統の大切なものをしまっておく建物。私たちが手掛ける建物は、大切な家族を守るための住まい。そんな蔵を、新潟の風土になじむように新解釈し、「家蔵-iekura-」が生まれました。私たちが手掛ける建物には、3つの想いが込められています。

1.素材を見極める目

私たちは、大工職人から生まれた会社です。大工の技術を継承し、古民家再生や伝統建築にも携わってきました。その磨かれた職人の目で、家づくりに用いる材料や素材を厳選しています。見極められた天然素材のみでつくる事を約束します。

2.地域に馴染む普遍的なデザイン

新潟の気候を読み、天然素材を活かす家づくりをしていくと、軒が深く大きな2枚屋根の日本の伝統的な住まいへ帰依していきます。夏の雨や冬の豪雪を避けるアプローチデザイン、大屋根を支える大黒柱、地域に馴染む普遍的なデザインを提案しています。

3.暮らし継がれる耐久性

天然素材にこだわり、新潟の気候に適しているからこそ耐久性も優れた建物となります。古民家再生にも用いる良質な建材は、一世代で住み終える家ではなく、何世代も住み継ぐことができる造りです。暮らしと共に愛着がわき、馴染んでいく住まいです。